メールアドレス無断収集拒否

本ウェブサイトは、掲示されたメールアドレスを電子メールアドレス収集プログラムやその他の技術的装置により無断で収集することを拒否し、これに違反した場合、「情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律」などにより処罰を受けることがあります。

電子メールを技術的装置を使用し、無断で収集、販売、流通させ、又はこれを利用した者は、「情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律」第50条の2規定に基づき、1千万ウォン以下の罰金刑に処せられます。

もし、上記のような技術的装置を使用したEメールアドレス無断収集の被害に遭った場合は、[不法迷惑対応センター]専用電話(T.1336)またはホームページ(www.spamcop.or.kr)の申告ウィンドウから申告してください。

[情報通信網法第50条の2 (電子メールアドレスの無断収集行の等禁止)]

1.何人も電子メールアドレスの収集を拒否する意思が明示されたインターネットホームページで自動的に電子メールアドレス収集するプログラムその他の技術的装置を利用して電子メールアドレスを収集してはならない。

2.何人も、第1項の規定に違反して収集された電子メールアドレスを販売流通してはならない。

3.何人も、第1項及び第2項の規定により収集·販売及び流通が禁止された電子メールアドレスであることを知り、これを情報転送に利用してはならない。