[オーディションハーブ利用約款]

第1条(目的)

本約款は、「オーディションハブ」が提供するオーディション登録、管理、申請、支援など「オーディションハブ」のサービス全般における「オーディションハブ」および利用者の権利、義務、責任事項を規定することを目的としています。

第2条(定義)

①「ハブ」とは「オーディションハブ」をいい、「会社」とは「オーディションハブ」を運営する「株式会社リーンハブ」をいいます。

②「利用者」とは、「オーディションハブ」にアクセスし、本約款に従って「オーディションハブ」が提供するサービスを受ける会員及び非会員をいいます。

③「会員」とは、「オーディションハブ」に会員登録をしている者で、継続的に「オーディションハブ」が提供するサービスを利用できる者をいいます。

④ 「非会員」とは、会員に加入せずに「オーディションハブ」が提供するサービスを利用する者をいいます。

⑤ 「企画会社」とは、「オーディションハブ」に「企画会社会員登録」をした会員のことをいいます。

⑥ 「一般オーディション登録」とは、「オーディションハブ」から「利用者」に提供するオーディション情報を登録することを「ハブ」に要請する行為をいう。

⑦ 「ワンクリックオーディション登録」とは、「オーディションハブ」から「利用者」及び「企画会社」に提供するオーディション情報及びオーディション管理システムを登録することを「企画会社」が「ハブ」に要請する行為をいう。

第3条(約款等の明示及び説明及び改定)

① 本約款は、「利用者」が会員登録の際に約款の内容に同意し、「ハブ」にその会員登録申請が正常に承認、登録された時点で効力が発生します。

②なお、本約款は'利用者'及び'企画会社'が'ハブ'が提供するオーディション登録サービスである'一般オーディション登録'及び'ワンクリックオーディション登録'を利用した時点で効力が発生します。

③ 「ハブ」は本約款の内容を「利用者」が分かるようにホームページ下段にリンクを提供する方式で「利用者」にお知らせします。

④ 「ハーブ」は、本約款を変更することができますが、本約款を変更しようとするときは、適用日、内容などを明示して7日前に約款を公示しなければならず、変更された改正約款の適用に対する会員の同意の有無を確認しなければなりません。 改定約款に同意および拒否の意思を示さない「利用者」の場合、「ハブ」は同意したものとみなすことができます。

⑤ 「利用者」は「ハブ」の変更された約款に同意しない場合、「ハブ」のサービス利用契約を解約することができます。 この時、サービス利用契約解約とは「会員退会」を意味します。

⑥ 「利用者」は「ハブ」は提供するサービスを利用するに当たり、関連法令を最優先的に遵守しなければならず、本約款の規定を挙げて関連法令違反に対する免責を主張することはできません。

⑦ 「ハブ」はホームページ内部の個別サービスに対して別途の利用約款及び運営ポリシーを設けることができ、当該運営ポリシーと本約款が衝突する場合は個別運営ポリシーを優先的に適用します。

第4条(サービス全般及び義務)

① 「ハブ」には次の義務があります。

1.「ハブ」は、本約款が禁止し、又は公序良俗に反する行為をせず、「利用者」の代理となり得る持続的かつ安定的なサービスの提供に最善を尽くさなければなりません。

2.「ハブ」は「利用者」の個人情報を「利用者」個人の同意なしに第三者に漏洩·配布しません。 但し、関係法令に基づき、国家機関の要求やそれに準ずる機関の要請など、当局の法律規定に基づく適法な手続きに基づく要求は、本条項を履行する義務がありません。

3.「ハブ」が提供するサービスにより「利用者」に損害が発生した場合、その損害が「ハブ」の重過失および故意により発生した場合にのみ責任を不当とし、その責任の範囲は通常損害に限ります。

②「利用者」は次のような義務を有します。

1.「利用者」は、本約款の規定、関連法令、運営原則、「ハブ」が告知する事項を遵守しなければならず、その他「ハブ」のサービス提供を妨害する行為をしてはなりません。

2.「利用者」は、会員登録申請、変更、オーディション登録時に虚偽の内容を登録し、又は他人の情報を盗用し、「ハブ」が掲示した情報を任意に変更し、「ハブ」が提供するシステムに過負荷をもたらす行為、「ハブ」が定めた情報以外の情報を送信又は掲示、「ハブ」その他第三者の著作権等の知的財産権侵害、「ハブ」及び第三者の名誉を傷つけ、又は業務を妨害し、わいせつなメッセージ、画像、音声等の微風良俗に反する情報を「ハブ」、又は「譲渡する行為、その他の地位を利用する行為 取得する行為、他の利用者の個人情報を無断で収集する行為、販促や広告等の迷惑メッセージを他の「利用者」に送信する行為、自分のIDとパスワードを第三者に提供、利用させる行為、特定の人物を卑下する行為、人種差別のような人身攻撃的な内容を掲示する行為、「ハブ」または他の会員およびその他の第三者に対する誹謗中傷、詐欺·脅迫、または業務妨害行為、本サービスのソースコードの解析を目的とした行為、「ハブ」のバグや誤作動を誘引または利用する等、会社が不適切であると判断してはならない行為を

3.「企画会社」は「ハーブ」のサービスを通じて提供を受けた「利用者」の身の上情報を第三者に漏洩、配布、販売する行為をしてはならず、当該「利用者」の身の上情報が第三者に流出しないよう最大限の努力をしなければなりません。

第5条(オーディション登録及びワンクリックオーディション申請)

① 「利用者」は「ハブ」を通じてオーディションを掲載する際、虚偽の事実を登録してはならず、これに違反して発生する被害は一切「ハブ」において責任を負いません。

② 「利用者」が「ハーブ」を通じてオーディションに志願する際、「ハーブ」及び「企画会社」は当該オーディションに志願した「利用者」が当該オーディションを管理する「ハーブ」及び「企画会社」に自分の個人情報を伝達することに同意したものとみなします。

③ 「利用者」が「ハブ」を通じてオーディションを掲載する時、「ハブ」は「利用者」から受け取った情報をもとに「ハブ」にオーディションを掲載します。 オーディションが正常に登録された時、「利用者」は「ハブ」に渡した情報やファイル、画像などの「知的財産権侵害」問題を「ハブ」に提起することはできません。

④ 「ハブ」は、「利用者」のオーディションの申し込みなどにより発生した「企画会社」及び第三者間の紛争に一切責任を負わず、「企画会社」が「ハブ」を通じて掲載したオーディションにより発生した「利用者」との紛争にも一切責任を負いません。

第6条(コンテンツ、権限、ライセンス及び利用者掲示物の著作権)

① 「利用者」が「ハブ」内に掲示した掲示物を著作権法の保護を受け、「ハブ」が作成した著作物に対する著作権及びその他の知的財産権は、「ハブ」を運営する「会社」に帰属します。

②「利用者」は「ハブ」内に掲載された情報やオーディション支援情報等を「ハブ」が自社の広報の目的でメディア、通信社等にコンテンツ内容を報道、放映させることを許諾し、その他のサービス内で「ハブ」がコンテンツの大きさを変換したり単純な方式に修正すること、「ハブ」及び「ハブ」の関係会社が運営する本サービスの連動サービスにコンテンツの複製、転送、展示することを許諾します。 ただし、「利用者」が掲示物の複製、転送、展示に対する反対意見を「ハブ」を通じて管理者に通知する場合、この限りではありません。

③ 「利用者」は上記条項以外の行為で、「ハブ」が「利用者」の掲示物及びコンテンツを利用する際に、事前に「利用者」の同意を得るために金銭的対価を支払うなどの行為を通じて「利用者」の同意を求めるなら上記条項以外の行為も許諾します。

第7条(会員退会及び資格喪失等)

① 「利用者」は「ハブ」にいつでも退会を要請することができ、「ハブ」は確認後直ちに会員退会処理をします。

②「ハブ」は下段の各事由に該当する場合、「利用者」のアカウントとサービスの利用を中断させることができます。

1.加入申請時に虚偽の内容を登録した場合

2.他人の'ハブ'利用を妨害し、又はその情報を盗用する等、秩序を脅かす場合

3.その他「ハブ」で「利用者」の行為が運営に妨害になると判断した場合

第八条(紛争の解決)

① 「ハブ」と「利用者」との間で提起された訴訟は、大韓民国法準拠法とします。

② 「ハブ」と「利用者」の間に発生した紛争については、「ハブ」を運営する「会社」が属する市·区の裁判所を専属的合意管轄裁判所として指定します。

公告日:2020年07月11日

施行日:2020年07月11日